不断水工法は水の流れを止めません

水の工事にはさまざまな不都合が伴うものですが、不断水工法を利用すると水の流れを止めることなく工事することができるので便利です。

各家庭において使用される水や、医療施設といった都市活動に何かしらの支障をきたさないようにすることができます。断水に備えた飲料水などの汲み置きが要らず、事前告知や給水車などの手配も要りません。工事した後の掃除が不要で、工事する前後において赤水が発生しないので便利です。水の工事は定期的に行われていますが、都心部において断水は起こっていないと言えるでしょう。

不断水工法にはいろいろなメリットがあり、配管を分岐させる場合分岐する場所に管や仕切弁を取り付けて行います。穿孔機を使って既設管に穴を開け、そこに穿孔機を引き抜き仕切弁を開け通水をスタートすることが可能です。交換する配管の両端を凍結し短時間において交換しながら解凍する凍結方法もあります。

断水がないので地域への影響が少なく、告知や給水車を準備するといった工事に付随するさまざまな作業が不要になります。もし断水し工事を行うと、通水を再開した際に赤サビがはがれ出ることが多く、水を汚染するので管内清掃が必要でした。しかし不断水工法によって清掃しなくても良くなり、従来の工事と比較すると工期を大幅に短縮することが可能です。人件費などのコストを削減することができ、さまざまなメリットがあるので現在水道工事は不断水工法を実施することが多いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *