不断水工法には多くのメリットがある

古くなった水道管を交換したり、既設の水道管から新たに配管を分岐させたりする場合、施工業者は工事そのものに加えて、近隣対策にも心を配らなくてはなりません。

というのも、作業の間は一時的に断水を行う必要があるからです。断水期間中は当然ながら近隣住民が水道を使えなくなるので、事前に日程を広報したり、給水車を手配したりといった作業が必要となります。時にはクレーム処理などに対応しなくてはならないこともあります。しかし近年では、こうした手間をかけずに作業を進められる工法が実用化されています。それが不断水工法です。

不断水工法はその名の通り断水を行わずに水道工事を行う手法で、いくつかの種類があります。最もポピュラーなのは専用のT字管とバルブを用いるやり方で、作業の進展に伴って弁を閉じたり開いたりしながら既設管に穿孔したり、新しい管を取り付けたりします。その他、液体窒素を用いて水を一時的に凍結させる技法などもあります。不断水工法は広報や給水車の手配に要する手間が省けることの他にも、さまざまなメリットがあります。

まず、水道利用の多い時間帯を避ける必要がないので、工事日程が従来よりも調整しやすくなります。また、現場が漏水によって汚れなくなるので掃除の手間がなくなり、結果的に工期が短縮されます。もちろん、水の使用を控える必要がなくなるので、近隣住民にとってもメリットがあります。工場などにおける水道工事の場合も、事情は同じです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *