生活を支える不断水工事の手法

現在では各家庭レベルにまで普及している上水道ですが、そのサービスを適切に維持するためには老朽管の定期的な交換や破損箇所の敷設替えといった、さまざまな取りみが必要となってきます。

このような工事にあたっては、従来であれば一定のエリアを断水として水道の供給を停止し、工事終了後に再度通水をするというのが一般的な流れとなっていました。もちろん断水をするにあたっては周辺の家庭に迷惑が及ばないように事前に周知することは欠かせませんし、断水後には蛇口をひねるとしばしば砂利やサビなどが混じった水が発生することもあっても、できれば避けたいとはいうものの、なかなか断水をせずに工事をする方法がないのが実情でした。

しかし現在では不断水工事とよばれる方法が普及してきており、このような断水にともなうトラブルを回避するための切り札となっています。不断水工事にもいくつかの方法の違いがあるものの、一般的にいえば既存の水道管の一部に穴を開けてT字管を挿入し、ここからもとの水道管に代わるバイパスを一時的に生み出して通水可能な状態を作り出すというものです。

既存の水道管のほうはバルブを閉鎖して断水することができますので、従来どおりの工事ができ、工事が終わればバイパスのほうを撤去すればよいだけです。特に住民サービスが重要な公共工事などではこの不断水工事の方法がウエイトを占めるようになってきていますので、今後とも目が離せない潮流であることはたしかです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *