工期を大幅に短縮できる不断水の配管工事

配管の中の水流を停止することなく、工事を進める方法として不断水による工事方法が開発されました。

不断水の配管工事は凍結工法と分岐工法に分けられますが、中でも営業している大型商業施設などで工事をフロア単位で行うときに凍結させる方法が役に立ちます。分岐工法は水道や下水の配管工事を能率良く進めるための工事方法として、昭和34年に開発されたものです。今ではどちらの工事方法も水道や下水の配管工事に取り入れられています。昔は水流れを停止させて配管工事を進めていたので、近所に住んでいる人たちに周知したりなど色々な手間がかかっていました。

不断水での配管工事は、かつてよりも工事期間を大幅に短縮させることが可能です。分岐工法は割T字管と穿孔機、仕切弁を利用して穴を水が流れたままの配管に開ける方法になります。ドリルが穿孔機には付いていて、穴が開くときに発生する金属片は外に水圧で排出することが可能です。凍結工法は工事をする場所の両サイドを液体窒素で凍らせて、凍った部分はバルブとしての役割を果たしてくれます。

バルブが近くになかったりバルブそのものがないところでも工事を行うことが出来るだけではなく、バルブを交換するときにも採用することが可能です。分岐工法では水が完全に流れている状態で工事を進めることが出来ますが、凍結工法は断水が部分的に生じますが断水しているところは実際にはほとんどありません。断水することによる、赤水対策や配管の掃除も不要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *