水を止めずに工事可能な不断水工法

飲料としてはもちろんのこと、あらゆる場面で水にはさまざまな使い道があり、一般的な生活を実施するためには必要不可欠な存在です。

そんな水ですが、幸いにも日本では水が豊富な上に水道設備もしっかり整っているために、使い勝手も良い傾向にあります。ただしそんな日本でも、やはり水道工事となれば、普段通りにいつでも好きな時に水を利用できるとは限りません。水道工事の際には断水することもあるので、長時間になる場合にはあらかじめ水を溜めておく必要もありますし、工事が終わったあとも赤茶色の水が水道から出るなど、少々不便に感じるケースもよくありました。

もっともそれは過去の話であり、現在ではこういった水道工事のデメリットを見事克服した画期的な水道工事工法も登場しています。それこそが不断水工法であり、不断水工法は基本的に水の流れをそのままに、水道工事が可能な方法です。そんな不断水工法には、T字管と仕切弁を利用し、かつ穿孔機で穴をあけて水を通す方法と、液体窒素を利用して両端を凍結させ、バルブの代わりにする方法が存在しています。

そしてこの二種類のどちらの方法でも、従来の断水する方法と比較するとメリットが豊富です。それは水を流したままの状態で工事を実施できることはもちろんですが、他にも工事時間も短縮化することができるため、作業員の負担を減らしてコストも抑えることが可能です。さらに工事後も赤さびなどが水道水に含まれることはなく、安全かつ安心して水を利用することができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *