不断水工法が優れている理由

水道工事を行うときには水を止めて行う方法と、水を止めることなく行う方法があります。

前者は断水工事と呼ばれるもの、後者は不断水工事と呼ばれるものであり、近頃は工法が優れているという理由から不断水による水道管の交換作業などが主流となっているのです。2000年に入ってしばらくの間はまだ断水による作業が盛んでしたが、最近はめっきり断水のお知らせを聞かなくなったと感じる人もいるでしょう。これは用いられる工法が変わったことによって、家庭や工場、オフィスなどに供給している水道管の流れを止めることがなくなったためだと言えるのです。

断水して工事を行っていたころは、水の流れを止めた水道管に汚れや異物が混じってしまうこともあり、普及した後に水道を使った人からクレームがくることもありました。多くの人は断水後はしばらく水が汚れるものだと認知して我慢していたようですが、現在取り入れられている不断水工法は流れを止めていない水道管に汚れなどの混入が起こることがないのです。

汚れや異物混入の心配がないので、市民もストレスを感じることなく水道を使用することができると言えるでしょう。また、不断水工法で作業を行うのであれば、工場などで作業が中断されてしまうこともありませんので、生産性を落とさずに済むという利点もあります。他にも断水の告知の手間がない、不測の事態に対する水の貯蓄に焦る必要がないなどの利点があるので、これからも積極的に取り入れられる工事方法だと言えるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *