放射線汚染水対策に活用できる不断水工法

原子力発電所の事故が起きてより時間が経過していますが、放射線の線量が高い水が存在し、それは汚染水とも呼ばれています。

実際に放射線の線量が高い場合、人体に与える影響も計り知れないとされ、汚染水は危険な水として意識されることも多いです。現在は汚染水を特定の場所に集め、ろ過作業を徹底することが行われており、それにより線量を薄める政策がとられているのも確かとなります。実際に処理を行っている現地では、不断水工法を利用されることも多く、つまり汚染水が流れている状態で新たな配管工事を行う必要があることで重宝されています。

不断水工法では、直接的な水に触ることもなく行うことが可能で、汚染水を触れることなく作業を行うことも可能です。処理を行う場合には、その能力を拡充するためにも何本も配管を必要とすることも多いですが、そういった作業を水を断水することなくして行うことができるメリットがあります。つまり放射線による汚染水対策に活用できるメリットが存在し、現場でもなくてはならない技術としても定着しています。

不断水工法は、既設配管にT字割管・仕切弁を取り付け、その後に穿孔機のドリルを用いて既設配管に穴をあけます。その後、仕切弁を閉じることで穿孔機を撤去し、そのまま配管を敷設することを可能とします。配管が敷設されたら仕切弁を開放することで水が分岐管に流れることができ、その水を通水させることで汚れを取り除き、本格的に通水できた水を処理することが可能になります。汚染水対策にも分岐管で水の流れを確保することが重要で、それを簡単に行うことができる点がメリットです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *