不断水工法で工期の短縮

不断水工法は、水を止めずに行う水道管工事のことを言います。

水道管を工事するときには、中を流れる水を止める必要があります。もちろんその管が繋がっている住戸は、工事中に水道が使えなくなります。電気などと違って、生活に密着しているため、簡単に止めることができません。不断水工法を使えば、配管内の水を止めずに既設管への増設を行うことができます。工事に一番時間のかかるのが周りの住民の説得です。納得しないまま実施した場合、苦情が来て問題になるでしょう。

それを対応することにも多くの時間を費やすことになります。一度流れを止めた配管は、内壁が空気に晒されることになり、次に流したときに汚れが取れることがあります。その汚れは水道などを使うときに出てきてしまい、苦情につながります。健康被害が出るほどではありませんが、気分を害することになります。流れを止めなければいつもどおりの環境を維持することができて、安心です。

不断水工法なら一番時間のかかる住民への説明や苦情への対応が不要になります。つまり、工事に必要な作業を計画すれば良くなります。だからコントロールが簡単になり、工期の短縮へとつながります。工期が短くなれば、それだけ人件費がかからなくなり、安価で実施することも可能です。決められた期間で多くの工事を完了することができるので、安心です。工期の短縮が全体の費用を抑えることとなり、発注者にも大きなメリットがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *