不断水工法は日常生活に支障がない工法

不断水工法のメリットは既設管の分岐を行うときに断水をしなくて済む点です。

断水の必要がないので、周辺住民に対する事前告知が不要ですし、工事終了後の清掃も最小限で済みます。先ず既設管に孔を開ける準備が必要ですが、そのために割T字管と仕切弁を外周に設置します。

この工程を経ることで既設管に孔を開けたとき水が漏れません。仕切弁のほか低温媒体で凍結させて一時的に止水する方法もありますが、短時間で作業が終了するなどの条件下以外は仕切弁が有効でしょう。また不断水工法では通常、横から穿孔機によって孔を開けますが、既設管の状況によっては縦からしか孔が開けられない場合があります。そのときは特殊な分岐管を使用します。

上下や十字型のものがあり分岐に障害物があっても対応できます。分岐工事だけでなく補修弁が十分止水できないときでも不断水工法が可能です。置きコマによって一時的に止水したり、スライドプレート式による場合もあります。施工者にとっても水道利用者にとってもメリットが多い不断水工法ですが、工事の結果次第では従前の水供給を確保できないおそれもあります。日常生活では大きな問題を引き起こさないにしても、病院や介護施設といった医療機関で供給不足が起こると大変です。その防止には熟練の技術や厳格な作業管理が欠かせません。安全面も含め管理が行き届いた業者が施工すれば不断水工法は、断水を気にせず日常生活が続けられるのでとても便利です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *