不断水工法が確立されたことによる恩恵

不断水工法が開発されたことで、水道管の工事は劇的に楽になりました。

不断水工法が確立されるまでは、水道管の工事を行なう際は、水道管の水を止めてから工事する必要があったため、断水が起きてしまっていたのです。断水が起きると、その地域に住んでいる一般住民にとってはとても負担がかかります。バケツに水を汲み置きしておいたり、洗濯ができなくなってしまったりするわけです。工事業者としても断水しなければならないとなると、周辺住民にそのことを周知させなければいけません。

また長期間の断水時は、給水車なども手配しなければなりませんでした。ところが不断水工法なら、断水が起きませんから、そのような面倒な業務は割愛することができるのです。不断水工法は、特殊な穿孔機を使って既設管に穴をあけて、そこに新たな水道管を接続させます。

水を止める必要がないため、赤水が発生しないというメリットがあります。不断水ではない工事方法を採用していた時は、断水後によく赤水が出て住民に嫌がられたものですが、今はそのようなことはほぼ無くなりました。また、水を止めないので、工事後の水道管内の清掃をする必要がなくなったのもメリットでしょう。この清掃業務から解放されたことで、水道管工事は従来の手法よりもずっと早く作業を終えることができるようになったのです。不断水工法のことを知っている人は少ないかもしれませんが、目立たないところで私達の生活を便利にしてくれています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *