不断水工法とはなにか

不断水工法とは、水道管工事などで用いられる技術のことです。

水道管を工事する場合、ひと昔前までは一度断水してからでないとバルブ設置や分岐設置などの作業をすることができませんでした。しかし、断水するとなると、その地域の広範囲に影響が及んでしまい、周辺住民に対して告知や給水車の提供などの手間が増えてしまいます。

また、古い管を動かすことになるので、それに伴い付着していた赤錆が水を汚してしまうという問題もありました。そのため、今までは一度これを清掃する必要があり、これもまた手間と時間を増やしてしまう要因でした。これらの問題点を解消するため、現在ではこの技術が応用されています。不断水工法には二種類の方法が存在しており、それぞれ「分岐工法」と「凍結工法」です。分岐工法は割T字管と仕切弁、穿孔機を使用して機械的に穴を開ける工法です。

管に穴を開ける際に発生する削りカスは、そのまま水圧で押し出され穿孔機側に取り込まれるので、本管に流れてしまうということはありません。凍結工法は、液体窒素で作業箇所の両端を凍結させるという工法です。水道管の両端を断水させてバルブの代わりとして機能してくれるため、バルブのないところでも作業をすすめることができます。これらの技術により、私たちの見えないところで快適に生活できるようになっています。広範囲な断水を行うことなく、また短時間で作業を行えるようになったのは、不断水工法のおかげです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *