不断水が行われる前と求められる背景

以前は水道工事の際には断水を伴う事への周辺地域への告知に水抜きや水張りに空調機の停止や工事後の管内の清掃といった作業を伴い、しかも給水車の手配などといった事も必要となりました。

様々な手間がかかるうえに作業をする地域では水が使えなくなるためとても大変な作業となりましたが、現在において水道管の工事をするからといって断水をする事はなくなりました。

その背景にあるのは不断水工法によって断水を行わずに作業をする工法が確立したためです。水道管は現在50年以上前に設置されたものが多いので、老朽化も進んでいるため水道の安全を守るためには水道管の交換などを効率的に進める事が大切になります。

そのため、不断水によって計画的かつ効率よく水道工事を行う事が求められます。作業の効率化と工事時間の短縮、工事範囲の拡大などによってコストダウンにも繋がるので大変需要が高い工法と言えます。水道を利用するのは一般家庭だけにとどまらず、様々な企業でも利用されているので、安全な製品やサービスの提供に大きな役割があり、水質の維持は生活を向上させるためには必要不可欠となります。当たり前の事が当たり前に出来るのはこういった技術に支えられております。

そんな不断水工法は、工事中でも絶えず水を供給しているので万が一異物が混入してしまうと水道を通じて流れ出てしまうという事もあり、一歩間違えると布の影響が非常に大きいというデメリットもあるので、事前の工具の点検や熟練した作業者が安全を十分に配慮した上での作業が重要となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *