不断水は断水しないのでコストダウンにつながります

日常生活において生活用水は必要不可欠で、蛇口を捻れば水が出るのが当たり前の時代です。

昔は工事の際には水を止めて断水するのが普通で、バルブが古いほど赤錆が剥離して水が濁るので配管工事の後で清掃が必要でした。しかし最近は断水を行うことなく施工ができる不断水工法が一般的で、水の流れを一瞬も止めることがないので様々なメリットがあります。

各家庭で使用される水や各種産業、医療施設などの都市活動に支障をきたすことがなく、断水の際に必要な水の汲み置きが不要です。また断水の事前告知や給水車の手配が不要で、工事後に管内の清掃をする必要がなく工事の前後で赤水が発生することがありません。不断水は水が使えない期間がないので、断水区間の時に発生する住民にかかる負担をなくすことが可能です。

水が使えない時間は生活する上で相当な負担になりますが、それがなくなればあらゆる面でプラスに働きます。工事の後に水道から出てくるときに赤色のものが出て来ると不安になりますが、不断水なら工事後も普段と変わらない透明な水が水道から出てきて使用することができます。工事をしても普通に水を使える不断水はきちんとした工事をしているからで、専用穿孔機により断水せずに既設管からの分岐工事を行う工法です。水道管を断水することなく分岐設置やバルブ設置を行うのが不断水工法で、断水しないのでそれに伴う周辺地域への告知や水抜き、水張りや空調機の停止、工事後の管内清掃など多くの手間を省くことができます。工事時間の短縮と範囲の拡大に効果が期待できるので、全体的なコストダウンを図ることが可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *