生活を変えずに修理できる不断水工事が住宅でも可能に

住宅の水道を修理する際に大きな課題となるのが工事の間は水道を止めなければならない問題で、長期にわたって不便を強いられるケースも少なくありません。

従来型の工法では例えばお風呂の配管のみを修理したい場合でも全ての水道を止水してから開始しなければならず、本来修理の必要の無いキッチンやトイレなどの配管も止水して工事が完了するまで使用できないためしばらくの間は不便な生活となります。また、集合住宅では1軒の工事が必要な場合でも元栓を閉める必要があれば全世帯も水道が使用できないケースもあり、工事そのものよりも全世帯と交渉して止水して工事を実施する時間帯の調整に多くの時間を要し関係者にとっては悩みの種となります。

そんな問題を解決できるのが不断水工事で、日常生活に大きな影響を与えずに工事をすることが可能です。不断水工事は既設の配管に割T字管と仕切り弁を取り付け、仕切り弁を開いてから穿孔機を取り付けカッターで穴を開けます。つづいて穿孔機のカッターを戻し仕切り弁を閉じ、分岐側の配管の設置が完了してから仕切り弁を開ければ工事を行う配管は止水しながら、他の配管への通水を行うことができるので住宅でも生活への影響を最小限にして工事を行うことが可能です。

不断水工事は当初は各メーカー独自の形式が使用されていましたが、ここ数年でノウハウの蓄積や部品の共通化などが図られポテンシャルが大幅に向上し、住宅での通常の生活の大半を変えずに工事が完結できることから導入事例が増えています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *