不断水工事は住宅での生活への影響を軽減します!

不断水工事は住宅での生活への影響を最小限に抑えながら、各種の水道工事を実現する工法のことです。

水道の工事では配管の修理や交換などが必要になるため、これまでは一定地域への給水を一時的にストップする断水を行って、その間に作業を行うことが一般的でした。ただし断水を行うとその間は水が使えなくなるため、日常の住宅での生活に様々な支障をきたすことになります。例えば台所での水を使用した調理ができなくなりますし、手洗いで手を洗うこともできなくなります。シャワーや入浴が利用できないのはもちろんですが、さらに水洗トイレの場合には水が流せないと大いに困ることになるのです。

さらに断水は工事を行う業者にとっても、デメリットが大きいといえるでしょう。断水を行う際には事前の告知が必要になりますし、住民からの要望があれば給水車を準備することが必要になります。工事そのもの以外に様々な面倒な手間や費用が発生するため、断水は工事を行う業者にとっても頭の痛い問題だといえるでしょう。

住宅生活への影響を最小限に抑えることができるのが、新しい水道工事の方法である不断水工事です。不断水工事では既存の配管に特殊な工具を利用して専用のバルブを取り付けることで、断水なしでの水道工事を可能としています。バルブを経由して新しい配管を接続することができますし、また仮の配管を一時的に設置してから本配管の交換工事を行うことなども可能となっているのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *