不断水工事なら周辺住宅や生活に影響が無く安心です

多くの地方自治体が現在頭を悩ましている事業の一つに水道管の補修工事があります。

と言うのも40年程前に設置した水道管の劣化が進み交換や補修が必要となっているのですが、実際に生活している中で水道管破裂や水漏れを発見して修理依頼する住宅も多いです。この水道管工事の際に従来の配管工事では水道管の修理や交換の際、水が配管から出てしまう為に断水する必要があります。その為数日前から近隣住宅の方に断水の周知を行い必要であれば給水車の手配を行い工事を進めるだけでなく、工事後は蛇口をひねると茶色の水がしばらく出る事もあり大変不便です。

それだけ水道管工事は生活に影響を与えるので地方自治体でも頭を抱えていたのですが、最近では不断水工事によって近隣の住宅や生活に影響を与える事無く修理が出来るので評判になっています。不断水工事とは工事の際に本管から給配水の為に枝管の取り出しを行う分岐方法と、本管の切断部分に仕切弁やプラグなどを挿入するインサーティング工法の2種類があり大変好評です。

この不断水工事が開発された事で断水する事無く交換や修理が出来る為に、従来必要不可欠だった近隣への周知や段取りの必要が無くなるだけでなく、工事費用や工期の大幅削減も実現しています。水道管工事の現場を実際に見る事は滅多にないですが、実は知らない間に新しい技術が開発されて生活に支障をきたす事無くより豊かで便利になる為の工事が日々行われているのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *