不断水工事は工事期間短縮により住宅生活に貢献します

近年は住宅地の開発が進んだことで次々と新しい住宅が建ち並んでいますが、上下水道の配管工事に伴う断水状態が発生することはほとんどありません。

断水が頻繁に発生すると日常生活に支障をきたすので、水道工事は不断水工事が主流です。不断水工事による日常生活における上下水道の果たす役割は大きく、住宅地だけでなく商業ビルや公共施設においても生活する上で有効な方法となっています。断水発生に伴う事前告知や給水車の手配が必要となると、大きなコストがかかります。工事費単体では断水ありの工事の方が安価に行えるかもしれませんが、周辺に与える影響の大きさやそれに伴う補償などを勘案するとデメリットの方が大きいです。

水道管をバルブで遮断すると再度通水させる際に赤サビがはがれ落ちるので、清掃に関してのコストも必要になってきます。不断水工事であれば管内の掃除の手間の必要がなく、工事期間を短縮できるので人件費などのコストを削減することができます。工法には分岐工法と凍結工法がありますが、いずれも完全な断水を生じることなく作業することが可能です。バルブを動かさないので赤錆が剥離して赤水が発生することがなく、周辺住民対策や清掃などが不要なので工事期間を短縮することができます。

分岐工法は完全な通水状態で新しい分岐管やバルブを設置することができ、穴を開ける際に生じる金属片は水圧で押し出されるので配管内には残りません。凍結工法は液体窒素で作業箇所の両端を凍結させて作業するので部分的な断水は生じますが、バルブのない場所や遠い場所でも簡単に作業することが可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *