住宅での生活と不断水工事

今や蛇口をひねると水が出てくるというのは生活上当たり前のことになっており、水が出なくなると住宅での生活に多大な影響が及ぶことになります。

以前は、水道管の延長や分岐管を設置する等の水道管工事をする際には一度水を人工的に遮って断水し、作業をする方法が主流でしたが、住宅の配置の複雑化などにより、断水による住宅生活への影響が大変大きくなってきているので、最近では不断水工事という手法が主流になってきています。不断水工事とは、断水をすることなく水道管の工事をする手法です。

特殊な形状のT字管と専用穿孔機を使って元の水道管から水流を分岐させる「不断水分岐工法」と、元の水道管にバルブなどを挿入して分岐路を作る「不断水インサート工法」という2通りの手法が主に用いられています。作業内容は専門的なものとなるためこれ以上は述べませんが、いずれも以前では全く考えられなかった画期的な手法で、工事時間と費用を大幅に削減できる手法として広く利用されるようになってきています。

普段当たり前のように生活している住宅でも、水道管の整備や工事を行なう方々がいてくれている上に成り立っていることはとかく忘れられがちです。このような不断水工事の技法のおかげで断水することなく快適な生活が送れているということを忘れずにいたいですね。特にこれから大規模な地震など自然災害のリスクが高まってきています。この機会に自分の住宅の設備について考えてみるのも良いかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *