便利な住宅生活を送るポイント!不断水工事について

現代の住宅生活の中で、水道水が使えるのは「当たり前」というイメージがあります。

しかし過去には、例えば自分の住む住宅の先で水道工事を行う際に断水となるようなこともめずらしくなかったようです。今でこそ当然と思える日本国内の水道水の供給状況ですが、それを実現するために様々な工法が発展しました。ここでは、現状の水道水の供給状況を支える「不断水工事」について説明します。

不断水工事とは、その名の通り工事に影響する範囲の住宅生活に支障をあたえないよう、断水せずに水道本管から分岐を行う工事であり、現在の水道工事のなかでは主流の方法となっています。過去においては、水道工事の際に影響範囲にある住宅が断水になることを前提に工事せざる得ない時期もありました。その際は、影響のある家を一軒一軒まわって工事概要を周知し、住人の理解を得る必要がありました。

田舎で住宅が点在している状況なら容易に思えますが、都心部の密集地帯で断水の了解を得るのは容易でなかったようです。状況によっては給水車の手配も必要となりました。現在の水道管の工事においては不断水工事により、そのような苦労はなくなりました。

また、この工事方法では既設配管の掃除が不要になるといったメリットもあり、工期の短縮や工事費の節約に一役買っているようです。工期を短縮することは日常生活において断水期間がなくなるだけでなく、工事個所周辺の安全確保にも効果があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *