施工方法をチェックし適切な不断水工事を実施

配管経路を施工するケースにおいて、必ず圧力のかかっている部分な遮断して実施しなければなりません。

止水が不十分な場合には水道水の噴出事象を引き起こし、想定外の被害拡大を招いてしまう可能性が高まります。一般的には止水バルブを利用して断水を行ってから施工し、工事終了後にバルブを開放します。家庭内の水道管を一時的に修繕するのであればこの方法でも問題はないのですが、水道管の本管など比較的内径の大きな重要送水路を補修・交換する場合には、不断水工事を選択してください。

周辺地域の日常生活を阻害することなく工事を推進することができる不断水工事は、多くの工事現場で採用が進んでいる基礎的な技術です。しかしながら工法の改良が進み、低コスト化や工期の圧縮に貢献することができるほどの技術が開発されています。不断水工事の施工業者をチェックすると、様々な工法が紹介されていることがわかり、施工する場所や水道管の種類によって最適な工事方法を選択することができるようにもなりました。

日本の基礎的なインフラが確立された20世紀中盤から既に50年以上もの年月が経過しており、各地で水道管の老朽化問題が発生しています。補修や入れ替えのたびに断水を生じさせると、生活に混乱をきたすことは明白となりますので、必ず信頼のできる施工事業者に依頼し、適切な不断水工事を行ってもらうというプロセスが重要です。各種工事方法の概要など、情報を整理しているウェブサイトなどを参考にしてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *