不断水工法のメリットとは

慢性的な不況の影響を建設業界は受け続けてきていて、住宅や建物の新築や受注の実績は長い間停滞していました。

低金利政策による金融機関からの資金調達が行いやすくなり、消費税増税前の駆け込み需要や住宅エコポイント制度の利用から、着工の件数は増加傾向にあります。住宅や建物を新築する際には、インフラである上水道や下水道やガス管を公道から建物で引き込むことが必要です。上水道本管は公道に埋設されているので、道路の掘削して本管を掘り出す必要があります。この際には交通規制が必須であるため、渋滞を生じさせてしまいます。水道本管への接続時には断水する必要があるので、周辺地域の住民にとっては迷惑なものとなっていました。不断水工法はこのような問題の解決のために生み出されました。

不断水工法ならば、断水しなくても済むだけでなく、作業を短時間で行うことが可能です。不断水工法では、水道本管に分岐サドルを設置した後に穴あけである削孔を行います。その後、取り出し管を接続して建物まで給水管を布設します。削孔時には水が噴き出すことはありませんので、断水する必要はない上に短期間で作業を完了させることができます。

穴あけ時にでる配管の切りくずは、水道本管の水圧により外部に排出されるので、管内部に戻ることはありません。上水道管理者である地方自治体が認定する工法であるので、水道管取り出し工事ではほぼすべてが不断水工法で行われています。注意しなければならない点は、水道本管が細すぎると分岐サドルが接続できないので、この場合は上水道管理者との協議することが必要になります。不断水工法は、断水せずに作業ができる上に工事の時間が短くて済むので、工事費カットが実現できて交通規制も最小限で済むなどのメリットが多い工法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *