不断水工法は店舗経営者にとっても安心な工事手法です

水を使うことが多いお店や施設は断水になると商売ができなくなる恐れが出て来ます。

例えば、コインランドリー店や飲食店などは断水工事が行われる時には臨時休業を強いられることもゼロとは言い切れません。工事が行われる時間帯に応じて開店前に行われれば休業にすることなく商売ができるものの、飲食店などの場合は事前に下ごしらえが必要などからも、断水になる時には臨時休業になるケースは多いわけです。

他にもお風呂屋さんなどは数ある業種の中でも大量の水を短時間に使う商売、大半のお風呂屋さんは午後3時頃からのオープンになりますので、当日の日中に水道工事が行われると、風呂の掃除ができない、お湯を浴槽に溜めることができませんので、臨時休業を強いられることになります。不断水工法は水を止めずに水道管を交換する、設備の老朽化に伴うメンテナンスを行うやり方です。最近は銭湯の数自体が減っていますが、昔ながらで営業を行うお風呂屋さんも、不断水工法はありがたい工事手法と言えるのではないでしょうか。

また、こうしたお店を利用するお客さんにとっても安心に繋がって来ます。その理由は、少し離れた場所に住む人にとって、これから出かけるお店があるエリアで工事が行われている、しかも断水になっていることが分かりませんから、到着した際に臨時休業になる可能性もあるわけです。その点、不断水工法では断水要らずですから、訪れたお客さんにも迷惑が掛からないなど商売する人の安心に繋がります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *