不断水工法はどこで行われている手法なのか?

日本の上下水道は整備が行われ、安心な生活を送ることができる設備です。

蛇口を捻れば水が流れてきますし、給湯器を使えば冬場の寒い時期でも洗い物をするときにも快適さを与えてくれます。水道設備は定期点検が欠かせないわけですが、点検により老朽化が発見された際には水道工事が必要です。水道工事は不断水工法で行われることが増えている関係からも、自宅に供給を行っている水道設備の老朽化に不安を抱く人も多いのではないでしょうか。断水工事の時には回覧板などで断水の通知が行われますが、不断水工法で施工が行われる時には工事自体の通知がないケースもあるわけです。

但し、水道設備は道路の地下にありますので、工事中の片側通行のお知らせなどを見て工事があることを知る、この時初めて不断水工法で行うことを知るケースもあるわけです。家にいない時間帯に断水工事が行われたとしても、工事完了後には赤水が流れてきますので、暫くは蛇口を開けておく必要がありますし、家にいる時に断水工事になった際には事前準備および赤水対策が必要です。

不断水工法の時には赤水対策は勿論、事前準備などが要らないため外出したい時には自由があるわけです。尚、工事が近所で行われる場合は、例え不断水工法で工事が行われても、片側通行が必要になることもありますし、工事で発生する音はないとは言い切れません。そのため、住宅地などでは断水にならない手法の場合でも水道工事の通知が行われることが多いようです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *