不断水工法を採用すれば水の断水は不要となる理由

不断水工法は、水が流れている配管を一時的に断水して配管を繋げ直す必要がないので、幅広く活用されている工法です。

断水に伴うデメリット面も多くみられるので、そのデメリット面を回避できることで不断水工法は注目され、様々な工法が編み出されています。一般的には圧送管路にて行うことがポイントで、通水状態のままを維持しながら分岐配管・バルブ等を設置することが可能です。通水状態を維持したままに作業ができることが重要となり、それが維持できないと断水に至ってしまいます。不断水工法の一般的な仕組みは、既設の圧送管にT字管と仕切弁を取り付けた状態でコアカッターによる穿孔機を設置します。

仕切弁を全開にした状態で穿孔機を稼働させ、それによって圧送管に穿孔を行います。一番問題になるのは、穿孔したときに圧送管を孔を開けるのでその切屑が流れてしまわないかです。実際には水圧によってT字管・穿孔機側に押し戻される原理を利用する形になるので、穿孔機内部に溜まる仕組みになります。その後に仕切弁を締め、穿孔機を撤去することで分岐することが可能です。

つまり通水状態を汚さずにそのままの状態で分岐することができる点で優れております。これが一般的な不断水工法になり、広く利用されている方法になります。なお原発の汚染水が流れ出るのを防ぐため凍土障壁を用いた方法を応用した工法も開発され、バルブや配管の交換をその手前だけ水を凍結させて工事を行う方法も存在します。圧送管の本管の断水をしなくても済むことで、狭い範囲でも活用できる方法としても注目されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *