多くの利点がある不断水工法とは

電気と同様に上水道や下水道やガスは生活をする上で必要であると同時に、豊かな暮らしを継続するためにも重要なインフラです。

通常、電気の送電線は柱上にありますが、上下水道管やガス管は道路に埋設されています。都市景観条例や主要幹線道路の地域では、電柱を建てることができないため、これらの配線や配管を共同溝内に布設することもあります。住宅や建物の新築や増改築などでは、道路から敷地内まで上下水やガス管などを引き込むためには、埋設されている本管を掘り出して分岐取り出しを行います。道路の掘削工事が必要であり、本管に取り出し管を接続して建物まで布設します。

工事中は、道路の片側通行や封鎖が必要になることがほとんどであり、主要な幹線道路でも狭い道であっても、生活道路であるので利用者への影響は多かれ少なかれ発生します。上水道の本管に穴を開ける際には断水が必要になるので、周辺地域の暮らしへの影響を与えます。こうしたことから、できるだけ短期間で作業を完了させることが求められ、そこで開発されたのが上水道管工事における不断水工法です。

認定工法でもあるこの不断水工法は、上水管用の分岐サドルを水道の本管に設置し、断水せずに短期間で接続作業が完了できます。作業にあたっては、水道管理者と道路管理者との事前協議と申請が必要です。不断水工法は作業時間の短縮や施工の確実性と、生活や暮らしへの影響を最小限に抑えることを両立させた工法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *