不断水工法に代わることで何が変わったのか

不断水工法は水道管を新しいものに変える時や水道設備を整える時に採用されている工事手法の総称です。

水道管は圧力が高い水が流れているため、従来では断水が必要不可欠でした。断水は工事区域内の水を止めることを意味するもので、断水時には水道の蛇口から水が流れなくなります。そのため、生活する人は水道の水を予めバケツに汲み置きするなどが必要になっているわけです。不断水工法では断水する必要がありませんので、生活による変化を与えないメリットを持ちます。断水するためには、上手側のバルブでもある止水栓を閉じなければなりません。

止水栓は水道管と同じく金属製の設備で、頻繁に動かすものではないなどからも、止水栓を閉じると同時に錆が水道菅内部に入り込み、これが原因で赤水を発生させてしまいます。断水による工事を経験された人は分かるかと思われますが、水道工事後は暫く水を流し続けておいて、赤水を防止する必要があります。不断水工法の時には止水栓を回すことがないので赤水の発生がない、蛇口を捻って水を流し続けるなども不要です。

水道工事は区域が狭いこともあれば広範囲に工事が必要なこともあるので、断水時には多くの人々に迷惑を掛けてしまいます。そのため、断水工事が行われることを住民などに対して告知しなければなりません。告知する方法としてはチラシ配布などがありますが、チラシ製作によるコスト、長時間の工事の時には給水車の手配など、工事のコストが多く掛かる断水工事のデメリットがありますが、不断水工法ではこうしたデメリットを感じさせないメリットがあるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *