水の流れを止めずに工事できる不断水工法

不断水工法とは、水道関係の工事の時に水の流れを止める必要がありませんので、生活などへの影響を軽減させることができる画期的な工法です。

つまり既存の配管の流れを止めなければ、それにともなう断水の告知や給水車などを用意する必要もなくなり、一般市民だけでなく工事をする側にとっても非常にメリットのある工法といえるのです。この工法がおこなわれた初めの頃は上水道が中心でしたが、今は下水道の工事でもおこなわれるようになっています。この不断水工法が採用される前は、水道工事は水道管や下水管を分岐させたり、新しくバルブを設置したりと非常に時間と労力がかかっていました。

水道管はいったん水を止めますと、作業後にすぐに使用できるかというとそうではなく、配管内の赤さびや汚れが一緒に剥がれて流れ出してしまいますので、必ず掃除をしなければなりませんでした。大規模な工事ですと給水車や告知だけではなく、一般生活への配慮から時間帯も深夜に工事しなければならないこともあり、工事関係者にとっても頭を悩ませるところでした。ですが不断水工法によって、そうした手間やコストをかけずにスケジュール通りに工事をおこなうことができるようになりましたので、工期日程なども大幅に短縮できるようになったのです。

一般市民への影響がないのであれば双方にとっても自分のペースで普段通りにおこなっていくこともできます。このように不断水工法によって人々は断水というストレスを感じることもなく普段通り生活できますし、工事関係者も作業時間への配慮や告知や配水車なども不要になり、もちろん配管掃除も必要なくなりました。時間だけでなくコストという点でも大幅な削減が見込まれるようになりましたので、だれにとってもウインウインな工法であるといえるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *