不便さを与えない不断水工法とは?

水道管を断水せずに工事を行う施工方法を不断水工法と呼びます。

断水になると多くの人は生活への不便さを感じる、飲食店などのように水を使っている施設は、断水になれば商売ができなくなる恐れもあります。ある程度の水を事前に確保ができたとしても、蛇口から流れて来るものとは異なるので断水=不便のイメージは強いのではないでしょうか。不断水工法は通水したままで工事ができるため、利用する側にとっての不便さがない、工事が行われることを前以て知らせる必要もありません。

事前通達を行うためにはチラシを製作する、これにより費用が発生してしまいますが、不断水工法ではこうした費用の節約も可能にします。断水になることを知れば、カレンダーに丸印をつける、当日断水になる前にバケツに水を汲み置きしておいて待機するなどが一般的です。生活の中での水は飲料水や洗い物、お風呂やトイレなど利用頻度が高い存在ですからバケツに汲み置きしたものだけでは足りないケースは多いと言えましょう。

トイレや洗濯などに使う水は、お風呂の残り湯を使うなどの工夫も必要になって来ます。ちなみに、水洗トイレはお風呂の水を使って便器に注ぎ入れることで使うことができるため、断水になった時でも安心です。しかしながら、蛇口を捻れば流れて来る、タンクレバーを回せば汚物を流してくれるのが当たり前の時代ですから断水になると色々な面で不便な思いを強いられることになります。不断水工法はこうした事態を回避する方法でもあり、徐々に普及が行われています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *