メリットあり!不断水工法の魅力

現代の日常生活を送るうえで、水道水の供給は最も重要なインフラのひとつです。

いつでも蛇口を捻れば水がでるため、その恵まれた環境に気付きにくいですが、この現況は日本の高い水道水に関する技術の賜物です。国外からみても高い水準を維持する日本の水道技術ですが、過去においては「断水」することも珍しくなかったようです。水道本菅の布設替えや、分岐工事において水道水が断水することは「しかたないこと」という感覚もあったようです。しかし、昨今の水道工事では、水道水を断水してまで行うことはほとんどありません。

この状況を支えているのが「不断水工法」と呼ばれる工法です。不断水工法には、大きく「分岐工法」と「凍結工法」の2つの工法があります。「分岐工法」とは、既存の水道本に割りこむ形で分岐部材を接続し、その中で既存の本管にカッターで穴をあけ、新設する枝管側に通水するというものです。

「凍結工法」とは、既存水道管の分岐管を取り付ける範囲を「凍結」させることで水をとめ、新設する枝管に水を流すという方法です。この工法では、オフィスのフロア単位や、水道の系統ごとの工事が可能となり、最小限で工事を行うことができます。このように、不断水工法には状況に応じた選択肢があり、昨今の水道工事を合理的なものにしています。過去には工事範囲のすべての住民の了解を得られないとできなかった工事も、この工法のおかげでスムーズに実施することができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *