合理的!不断水工法のメリット

日常生活を送るうえで、毎日かならず使用するインフラに「水道水」があります。

季節や時間帯を問わず、常時使用できるため「使えてあたりまえ」という感覚がありますが、実情としては日本の高いい水道水の供給技術のおかげであります。日本の水道水に関する技術は国外からみても高い水準にあり、水道水がいつでも自由に使えるこの状況は、非常に恵まれたものと言えます。この「いつでも使える水道水」を根幹から支えているのが、「不断水工法」と呼ばれる方法です。

不断水工法とは、その名の通り水を断水することなく工事を行うというもので、昭和30年代ごろから発展を続けて今日にいたるものです。この不断水工法には、「分岐工法」と「凍結工法」と呼ばれる方法があります。分岐工法とは、既存の水道本管に割こむ形で接続部材を入れて、新設する枝管側に水を通水するやり方です。凍結工法とは、枝管を接続する範囲の既存水道管を「凍結」により水を止めて、分岐管に水を流す方法です。

事務所ビルや病院など、最小限の影響で工事を行う必要がある際は、とても効果的な手法です。このように、現在では不断水工法により通水状態を維持したままの工事が可能になっていますが、これらの工法が発展する前までは、工事の影響下にあるすべての住宅を訪問して了解を得たり、要望があれば給水車の手配まで必要になることもあったようです。こうしたデメリットを解決できる不断水工法は大変合理的な工法と言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *