生活に必要不可欠!不断水工法の魅力

現代の日常生活を送るうえで、水道水のについてストレスを感じる状況はほとんどないと思います。

これは、季節や時間帯を問わず「いつでも使えること」が理由のひとつです。この当たり前とも言える水道水の供給状況ですが、実は海外から見ると非常に恵まれた環境となっています。この背景には、日本の高い水道水に関する技術力があり、それを支える様々な工事の工法があるためです。こうした工法に「不断水工法」と呼ばれるものがあります。不断水工法とは、水道本管からの分岐工事を行う際に、断水することなく工事を可能にする方法です。

具体的な方法として、「分岐工法」と「凍結工法」と呼ばれる工法があります。分岐工法とは、既存水道管に割T字管と呼ばれる部材を接続し、その部材の中で既存水道管にカッターで穴をあけて、新設枝管に水を流すというやり方です。凍結工法とは、分岐管を取り付ける範囲の既存水道管を「凍結」させて止水し、分岐管を取りつけたうえで通水させる方法です。

事務所ビルや病院において、工事の影響を最小限に抑えることができるメリットがあります。この不断水工法が発展する前までは、工事に影響するすべての住宅を訪問して了解を得たり、工事の先に絶対に水を止めることが許されない工場や病院などがある場合は、給水車を手配してまで工事を行う必要がありました。従来の断水工事のデメリットを解決する不断水工事は、現在の生活に必要不可欠なものになっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *