水道工事の主流!不断水工法の凄さ

現代の日常生活を送るうえで、かかせないもののひとつに「水道水」があります。

この水道水が季節や時間帯を問わず、いつでも使えることが安心感のある生活につながります。しかし、この当たり前とも思える水道水の供給は、実は日本の高い技術力の賜物でもあります。日本の水道水に関する技術は、国外からみても高い水準にあり、非常に恵まれた状況といえます。この状況を支えているもののひとつに、断水せずに分岐工事などを行うことができる「不断水工法」があります。

不断水工法とは、その名のとおり水道水の通水状態を維持したまま工事を行う方法です。その具体的な工法として、「分岐工法」と「凍結工法」の大きく2種類がありあます。凍結工法とは、既存水道本管に割T字管と呼ばれる部材を取り付け、その部材なかで水道本管にカッターで穴をあけて新設枝管に通水するやり方です。凍結工法とは、その名の通り既存水道管の一定の範囲を特殊な方法で「凍結」させ、止水させたうえで分岐管を接続して通水するというものです。

事務所ビルや工場などにおいて、フロア単位や系統単位で工事か可能なため、施設全体を断水することなく、最小限の影響範囲で工事を行うことができます。このように、現在では不断水工法が主流となっていますが、過去においては水道工事といえば「断水することはあたりまえ」といった時期があることを踏まえると、日常生活を送るうえでも必要不可欠な工法となっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *