不断水工法の基本的な流れ

不断水工法は配管の中に流れる水を止める事なく、増設や交換をすることができる工事方法です。

水道管の交換工事で最も時間がかかるのが、断水をするために近隣住民から理解を得ることです。生活をする上で必要な水を止めることは、誰もが避けたいと考えます。それでも水道管を外している間は水が漏れ出てしまうため、従来の方法では止めるしかありません。不断水工法ができるようになってから断水する必要がなくなり、工事の計画を立てやすくなっています。

不断水工法は、増設などが必要なところに割T字管と仕切り弁を取り付けるところから始まります。次に仕切り弁を開いて、増設側の配管に穿孔機を取り付けます。穿孔機にモーターなどの駆動力をつけて既設管の側面に穴を開けます。この時穿孔機側に水が流れてくる状態です。増設した仕切り弁を閉じて、新たな開けた穴から水が漏れ出すのを止めます。穿孔機を取り外し、そこに新たな配管を設置します。

しっかりとついていることを確認したら、仕切り弁を解放して水を流すことが可能です。このようにして断水することなく新たな配管を増設することができます。割T字管の形状を変えることによって、様々な方向への分岐が可能となり、配管の交換の時でも対応することが可能です。このように断水が不要になることで、住民の生活にかかわらず工期を考えることができようになります。不断水工法は短期間で工事を済ませたいような時にはとても便利な方法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *