断水しない生活を提供する不断水工法

不断水工法は、一般的な言葉としては聞き慣れない言葉ですが生活に密接に関係しているものです。

まず不断水工法は水道を断水することなく進める工事のことを指し、水道管工事などで取り入れられています。方法としては給水や配水をするための枝管を本管から取り出す分岐工法と、本管を切断した部分にプラグや仕切弁などを挿し込むインサート工法があるのです。水流を止める方法には機械的に止めるものと、管の中を凍結させる方法があります。最も大きな不断水工法のメリットは、費用の削減も期待出来ることです。

これまでの断水を伴う方法では、ある程度の期間以前に周囲の地域にお知らせすることが必要で色々な段取りもあり煩雑な作業となります。作業が済んでからも配管の清掃が必要だったり、しばらく赤水が発生するなどデメリットが生じてしまうのです。お店が断水すれば、営業に差し支えることになります。

不断水工法を採用したときには営業や暮らしに影響を与えることなく行うことが可能で、水圧で水道管を削ったゴミも押し出されるので水道水に混入する心配がありません。水道管を分岐させることが出来る場所には制約があり実施するためには、すでに取り付けられている水道管にT字管を装着する必要があります。つまり曲がりくねった配管では施工することが出来ない、ということになる訳です。ですので不断水工法を採用する場合は、前もって調査しておくことが重要なポイントになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *