便利で効率的な不断水工法

日本は水道が企業から一般家庭までしっかり行き届いているため、水に恵まれた快適なライフスタイルの国となっています。

けれどもそれゆえに水道の工事や点検は必要不可欠ですし、最近では災害なども増加傾向にあるため、ますます水道工事は頻繁になってきています。そんな水道工事ですが、かつては工事の際に水道の利用を控える必要がありました。そのために規模が大きければ給水車なども必要でしたし、工事が終わった後に水道を使用すると、赤茶色の水が出るケースなどもあり、なかなか面倒かつ時間も経費もかかるシステムでした。

もっとも現在ではそういった水道工事のデメリットを克服する方法として、不断水工法が登場して大活躍しています。不断水工法とは、その名の通りに水道をとめることなく工事が可能な方法のことで、基本的には仕切弁とT字管、穿孔機を利用して穴を開ける分岐工法と、液体窒素で作業箇所の両端を凍結させることでバルブ代わりにする凍結工法の二種類が存在しています。

このどちらの方法でも古いバルブを動かす必要がないので、古いバルブに付着している赤さびが剥離することもなく水が汚れる心配もありません。よって工事後の清掃の必要もなく、当然ですが水を流したまま作業を実行できるので、断水の連絡などもせずに工事を実行することが可能です。さらには作業時間そのものも従来の方法よりも明らかに短縮化しているので人件費のコストも抑えることができるという、まさに不断水工法はメリットがとても豊富な工事方法となっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *